新しいパソコンを購入して、古いパソコンを処分したいのですが、知り合いからハードディスクのデータを消去することを勧められました。このデータ消去とはどういったものですか?

●パソコンの処分手順は大まかに3ステップ
新しいパソコン購入時に古いパソコンを下取りしてくれるお店やサービスもありますが、いらなくなった古いパソコンを処分する方法は下記のとおりで、大まかに3ステップとなります。

1.ハードディスクのデータを完全消去する
2.物理的にハードディスクを処分する
3.メーカーのリサイクル窓口やパソコン引き取り業者に廃棄(リサイクル)を依頼する

今回は「1.ハードディスクのデータを完全消去する」について説明したいと思います。物理的にハードディスクを破壊してしまえば、データの完全消去は必要ありません。ただ、ハードディスクの形状が特殊で取り外し等ができない場合は、データの完全消去が有効な手段となります。

●パソコンのデータについて
パソコンのデータはソフトのプログラムの他に、ご自身の個人情報などが入っていたりします。例えばメールの内容やブラウザでのパスワードやクレジット情報などですね。他にも心当たりのあるデータがあるかもしれません。

●一般的なデータの消去について
簡単なデータ消去は、「ごみ箱」に捨てる、「ごみ箱」を空にするほか、パソコンを工場出荷状態に戻す(リカバリ)などが該当します。しかし、この方法では、全てのデータは削除されません。目に見えないだけで、復旧ソフトなどを利用すると、ファイルを復元することも可能です。

●ハードディスクのデータを完全消去するには
この見えないデータを消去するのが完全消去ソフトなどと呼ばれているものです。メーカーによっては、パソコンにハードディスク消去ソフトが入っている場合があります。

以下に各メーカーの対応状況がありますので、確認してみてください(平成26年12月現在)
http://www.pc3r.jp/common/dataerase_program.html

処分したい前に行いたいパソコンのデータ消去についてはしっかりと考えておく

これ以外の場合はフリーソフトか市販ソフトを利用することになります。主に空のデータやランダムなデータを何回か上書きするなどしてデータを消去していきます。パソコンの仕組み上、上書きしてしまうと、元のデータは復元できないとされています。

使い方などは下記のリンク先にてご確認ください。

◆フリーソフト
「DESTROY」
http://www.forest.impress.co.jp/article/2008/07/28/destroy.html

「wipe-out」
http://www.wheel.gr.jp/~dai/software/wipe-out/

「File Shredder」
http://www.fileshredder.org/
英語で日本語化パッチも配布されています。英語のままでも直感的に理解できますので、筆者は日本語化していません。

◆市販ソフト
「ターミネータ10plus データ完全抹消」
http://www.finaldata.jp/terminator/pkg/index.html
筆者も利用したことがあります。高度な技術で上書き抹消できます。

「SOURCENEXTstyle ドライブクリーナー」
http://www.sourcenext.com/product/pc/sys/pc_sys_000118/

「完全ハードディスク抹消16」
https://www.junglejapan.com/products/kanzen/masshou/products/hard-disk.html

今回の説明は、ハードディスクを物理的に破壊できない場合でした。ですので、あとは、パソコンを処分してくれる業者(メーカー)に送るだけとなります。もちろん、まだ動作できて使えるなら、家族や友人などに譲っても問題ありませんよ。

■無料でパソコン処分を行ってくれる専門の業者なのです。
■パソコンのデータ処分、廃棄はおまかせ下さい
■URL:http://www.pczero-web.com/