知っておいてほしいこと

短期留学は就職で有利になることはあるのか?

投稿日:

短期留学が就職に有利になるか?どうかはケースバイケースであり、語学力をアピールする場合には自分の学んだ言語や受ける会社によりけりとなってしまいます。しかし、短期留学を通じて得た経験をアピールする場合にはどの会社でも生きる面となる可能性もあり、有利になる確率はより高くなるのです。

短期留学というのは長期留学と比べたら短い期間で行うもので、その間は通常の留学同様に語学の勉強に励むケースが多いです。

期間は短くてもきちんと実のあるケースもあるので、短期留学というのはいろいろなケースで利用ができることになります。その1つが就職時であって、短期留学をしたことをアピールする人もいると思いますけど、それによって有利になるようなことがあるのか?というのは気になるはずです。

談笑する男女

短期留学をしても就職で有利になるとは限らない

就職で有利になるためにという動機で短期留学をする人もいるはずですが、そういった人が前もって知っておかないといけないこととしては、就職で有利になるとは言えないケースも多々あるということです。

短期留学をして語学が身に付いたとしても、そもそもそれをアピールする機会がない場合もあります。英語の場合には資格試験を受けて、その結果で客観的に証明するということもできなくはないですが、英語以外の言語の場合には厳しいです。

また、そもそも語学力において会社が重きを置いているケースとそうじゃないケースもあるのです。だから、会社によってはアピールになるが、別の会社ではならないということも普通にありえるでしょう。

短期留学の経験それ自体を中心にすると良い

短期留学を通じて得た語学力そのものを会社に対してアピールするのではなく、留学経験それ自体を話しの中心に持ってきてアピールするというのはおすすめです。

例えば、初めての海外生活でも特に問題なく適応でき、楽しい生活を満喫できたというエピソードから、どういった環境においてもその場に適応し、能力を発揮することができるというアピールにつなげるのです。

仕事をするにあたっては、海外に行く可能性もありますし、国内であっても部署の異動や転勤などもあるでしょうから、こういった力は生かせるはずです。

だから、短期留学をしたことをそういった角度から話していくと、就職で有利になる可能性が高まるのです。

-知っておいてほしいこと

Copyright© 短期留学を検討する前に知っておいてほしいこと , 2018 All Rights Reserved.